メディプラスゲルの基礎知識

脂漏性皮膚炎とセラミドの関係とは?メディプラスゲルは効き目あり?

投稿日:

脂漏性皮膚炎 セラミド
脂漏性皮膚炎とは鼻や頬、耳の後ろなどの皮脂の分泌が多い場所に発赤ができて、痒みや皮膚がはがれる症状を起こす皮膚炎です。

顔だけでなく頭皮や胸、脇、背中にも出現する女性よりも男性に多く発症し、乳児や思春期の頃にもピークがあると言われています。

原因は皮脂の過剰な分泌で皮脂が貯留しての炎症やマラセチア菌というカビの増加、生活の乱れやストレスなどに関係して発症、悪化すると考えられています。

脂漏性皮膚炎になった時のケア方法とは

脂漏性皮膚炎 ケア

治療はステロイド剤を塗布して痒みや炎症を抑えたり、抗真菌外用剤を併用しますが、日頃の肌のケアで発症を防いだり症状を抑えて完治させることができます。

発症しない予防は皮膚を常に清潔に保つことで、毎日の洗顔は必要です。

しかし顔を洗いすぎたり、洗浄力の強い洗顔料を使用すると症状が悪化することがあるので、まずは肌の状態に合わせた低刺激性の洗顔料で顔を洗い、保湿効果の高い化粧水で保湿することが必要です。

洗顔は汗や汚れだけならぬるま湯で十分落とすことができます。

脂漏性皮膚炎でマラセチア菌が過剰に増えた場合は、専用の洗顔料必要で、最初にぬるま湯で顔を洗い、洗顔料を手に取り、泡立てて皮脂の多い部分から洗っていきます。

そして泡と汚れがなじんできたら、ぬるま湯で泡をきれいに洗い流し、最後にタオルで顔の水分を拭き取ります。

その後は保湿を行います。脂漏性皮膚炎には保湿は大切で、洗顔後の肌の水分が蒸発しやすい時に保湿効果の高い化粧水を使います、この化粧水にはセラミドやグリセリンといった保湿効果の高い成分が十分含まれているものを使用します。

セラミドをたっぷり補うのが改善への近道

セラミド 役割

セラミドとは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱え込んでいる成分で、肌のうるおいに欠かせないものです。

もともと肌にある成分ですが、加齢や気候の変化、環境によって減ってくるもので、減ると肌がカサカサになって乾燥肌になります。

このセラミドがたっぷり含まれている化粧水を使うことで、肌をしっかりうるおった状態に保つことが予防に繋がります。

油分が多いクリームなどで保湿するほうがしっかりケアできると考える方もいます、しかし油は症状を悪化させる原因になるので、セラミドなどの保湿成分を含んだ化粧水を使用します、化粧水で肌に水分を与えて、セラミドでフタをすするという考えです。

化粧水やクリームなど、「色々なアイテムを使うのが面倒」という場合には、オールインワンタイプの商品がおすすめ。

リニューアルしてさらに浸透力と保湿力がアップしたオールインワンゲルの「メディプラスゲル」なら時短ケアしながらセラミド補給ができます。

このように脂漏性皮膚炎には皮膚をしっかり洗い清潔に保つことと保湿が肝心です。毎日丁寧にケアすることで脂漏性皮膚炎にならない肌を作ります。

-メディプラスゲルの基礎知識

Copyright© 【知らないと損】メディプラスゲルは楽天よりも公式サイトが最安値でした! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.